スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらしのちいさなはこ 終了しました。

超長い文です。すみません。。。

3月7、8日に行われた くらしのちいさなはこ 終わりました。

前回の反省点のほとんどがカバーでき、ほんとによかったです。

思っていた以上に、「よかったです」「また予約制で!」というお声をいただきました。
実際に、ポーチひとつにしても、開閉から、微妙な大きさ、内布の違い
洋服では、細かい丈や肩幅、身幅、素材など
小物は、小さな布の違いやパーツの違い。
細かいところまで吟味する時間がありました。
それに、イベントという勢いに流され、手に取った物でも
「ちょっと待てよ。危ない危ない、これほんとにいるかな??」
と、振り返り、会場に戻る姿も。
前回にない、お客様の精神的ゆとりを目の当たりにしました。
外や廊下、お座敷で楽しく過ごす子供達の姿。
ひとりでのんびり来られ、ゆっくりと見ていかれる年配のお客様。
この方法が定着するかもしれないと思いました。

ただ、今回予約が取れなかったお客様や
予約する事に抵抗があったお客様も多くいらっしゃると思います。
そういった方々にもどうにか方法があったらと思います。。。
日にちを増やすしかないのかな~と思ってもみますが
それもまた難しい話でして・・・(食べ物部門の負担が大きかったり、子供のことなど)

予約する事に抵抗を感じる理由も様々にあると思いますが
何か買わないといけないとか、絶対行かないといけないとか
そういうことは全くありませんので、気にしないでお越しくださいね~
(今回いらっしゃった方は多分分かっていただけたかな、と思いますが)
何も買わなかった方がすんなりと出られるように
レジを少し奥まった暗いところにしたりとか。
ちょこっと工夫もしてみました。(笑)

いかに自分達の思いをお客様に伝えるか。
それを考えた空間が大切だと今回しみじみと感じました。
建物の構造上、会場を二部屋に分けたのも、お客様の気持ちを考えてのことでした。
まず玄関を入っていただいて、すぐのお部屋に布小物や洋服。
その部屋を出て少し暗い廊下を抜けて
日当たりの良いお座敷にでると、ずらりと並んだスイーツにパンにベーグル。
かわいらしい陶器やアクセサリーに、妙に畳と馴染む古道具。
座ってゆっくり食べ物や雑貨を選ぶなんて、世の中にそうないと思いました。
お座敷に入ったお客様の「うわ~!」「すご~い!」という歓声を何度聞いたことか。
ちょっとしたサプライズになりました^^

反省点は試着室。
ついたてだったので、狭いし、着替えも大変だったと思います。
あと、駐車場の台数。何とかならないかな~。これもまた考えねばなりません。


イベントをするのは本当に楽しくて、楽しくて。
特に今回は、笑顔でお帰りになるお客様がほとんどで
スタッフもそれをみているだけで疲れなんて吹き飛びました。

なのですが、自分達の自己満足に終わらないようにしたい。
常にお客さまのことを考えたイベントにすることを忘れないように。

毎回終わって思うのが、自分達だけの力で出来たことではない。ということ。
自分達だけが楽しくても、意味がないんです。
見たくないところに目をつぶらず。
仕方ないからと言って、そのままで終わらせない。
難しいけれどそういう気持ちを忘れないでこれからもやっていけたらと思います。

細かいところまで気を配ることや、お客様への姿勢では
山田別荘の女将さんからは、本当にいろんなことを勉強させてもらいました。
随所に垣間見えるプロの姿勢は、感動すら覚えました。
それから、老舗の佇まいを守っている、大切にしている姿勢。
時代に流されることなく、スタイルを守ることは並大抵の努力ではないと思います。
山田別荘のスタッフの皆様、本当にお世話になりました。

ご来場くださった全ての皆様。ありがとうございました。

作品やお品物に不備がございましたら
お手数ですが遠慮なくメールかお電話で御連絡ください。

また、今後のおしらせを希望される方、感想を寄せてくださる方は
コメント欄より、非公開コメントにチェック(2回あります)を入れてコメントください。
宜しくお願いします。



作家のみなさんにも感謝。

それはそれは見事なパンやスイーツたちを作ってくださった食べ物部門の方々、
本当にすごいですっ!
オープン前のずらりと並んだ様子をみて、仰天でした。
(kimamacafeさんが参加されてたらもっと物凄いことになってたと思います~
無事に出産されることを心よりお祈りしています。)
細かい試作から打ち合わせ、材料の調達、
徹夜続きは精神的にも肉体的にも本当に大変だったと思います。
そんな中でも皆さん美しく、疲れなんて微塵も見せずに微笑んでいらっしゃって
作品共々接客もお見事でした。

全国の雑貨屋さんにひっぱりだこのアトリエ・アンテナさんの作品達も
どれもこれも作家さんそのものが作品になっているようなかわいらしさで
座り込んで真剣にどれにしようか選んでいるお客様の気持ちがよくわかります。
作品作りから梱包からアフターまで
全てを手塩にかけ、いつくしんでいるアンテナさんの姿勢が
お客様に伝わったのではないかと思います。

それから、会場に華を添えてくださったmaple tableのお二人。
華やかかつ、どこか渋さとゆるさを持った作品は
これまたお人柄そのまんまです。
とにかくお手ごろコサージュが大人気で、私もお願いして作ってもらいました~
入園式につけて行きます!
くるみさんのレジさばき、ゆりさんの一眼レフで撮った写真、サイコーでした。

初夏のおはりこ展に参加してくださった、何気に古株のmiyukiさん。
今回から復活です。
丁寧に編まれた作品はどれも人気でした。
ヘアゴムはシンプルなのにかわいくて大きさも色も程よく、人気でした。
麻ひものバッグも、少し春夏を先取りで購入される方も多かったです。
そして、どうやら雑貨の好みが似ているらしいことも判明。

そしてファンの多いKionのえみさん。
予約限定台数販売だったパタパタ下駄箱は、
ディスプレイに使っているのを見て、欲しいという声があちこちから聞こえてきました。
「これっち、臨月の妊婦さんが作ったらしいよ~」
「え!すげーなー!!」
という声も何度か聞きました。
ホントすごいですよね・・・パタパタを見るたびに思い出すことでしょう。
伝説ができました(笑)
Kionさん、下駄箱だけではありません。フックやらシェルフやら引き出しやら…
彼女ががんばる姿を目の当たりに見てきた私。
ほんとうにお疲れ様でした。大変だったけど楽しかったね。
そして産後10日にして、ピタピタニットにジーンズで登場。すごすぎる。
これもまた伝説です。

最後になりました。布作家。
最初は、「予約制やし、そんなにお客さんこないだろうから3人で大丈夫だろう」
と、正直たかをくくっていました。
しかし、なんと200名のお客様。
2日目用に作品を別に保管しておくようにしたので、量も必要になりました。
各自が自覚したのが遅く、みんな冷や汗がでました・・・

初参加の19+39さん。
作家名は2人のお子さんの名前からとっています。
シンプルかつかわいい布使い。
使う人のことを考えた作品達、とっても素敵でした。
駐車場係もありがとうございました。

途中参加のbaby blueさん。ありがとう。
コアなファンを多く持つbaby blueさん。
彼女の作品はリーズナブルなのに手が込んでます。
オタクな作品はコアなファンがいておかしくありません。
今回も、これ、どれだけ時間かかったの??というような作品を作ってくれました。
そして、車の運転がめちゃくちゃすごい彼女が水を得た魚のようになった駐車場係。
誘導する姿は完璧でした。
(ガソリンスタンドでバイトしてたのかと思う人がいたくらい)

大御所、petit fluerさん。
彼女を大御所と言わずして何と言う。
どう考えてもおかしい。いつ作ったんだ??と思う量を作ってくれました。
みんなが、彼女の背中から手が何本が出るに違いないと思いました。
まだ全然作ってない、と言った日から数日で
あれよあれよと服やらポーチやら。どれも完璧な縫製です。

こっそり参加のPORTEさん。
かわいくてちょっと渋い子供服はやっぱり人気です。
確かな縫製で、何度洗ってもびくともしません。
うちにあるボーダーTシャツなんて、何度着たことか。
それでも、生地がよれることも、縫い目がほつれることもありません。
お見事です。

自分。
自分に感謝なんてもちろんしません。満足もしません。
今回は準備の大半を自分でこなしました。
息を切らせて電話に出て、お客様に笑われてしまったこともありました・・・恥
リピーターのお客様に出した封書は、息子が糊をつけたり、紙を折ったりしてくれました。
大変だったことなんて、すぐ忘れてしまうのが自分のいいところかもしれません。
ボランティアだと思わないの??手数料もらったら??とか、
大変だね~とか言われるのですが
とにかく楽しいので、いいのです。
行き届かないところに目をつぶり助けてくれたスタッフやお客様に感謝感謝です。


実は。
前回のくらしのはこでは、作品面では不完全燃焼でした。
広い会場を埋めなければならない一心で焦って作っていたせいか
自分らしくない、と思える作品が色々あり。
そういったものたちはやはり嫁にいく事はないのです。
それに気がついたのは、くらしのはこが終わってしばらくしてからのことでした。
情けなくて、自分に腹がたちました・・・
なので今回は、とにかくひとつひとつに心を込めて
自分らしさってなんだろうと思いながら、後悔しないように作品を作りました。
売れる、売れないを考えず。定番のアイテムから新しいものまで。
心から、自分も使いたい、と思うものを作りました。
特に洋服はこんなにたくさんの量を作るのは初めてで
襟のつけ方から、袖の始末からあらゆることを勉強しながらでした。
洋裁学校があるのも納得です。奥が深いです。
片足突っ込んだかと思うと、どこまではまっていくのか…ちょっと怖い。
100%満足とはいきませんが
納得いかないところは何度も何度もほどいて縫い直しました。(当たり前なんだけど)
母が、「返し縫いなんか私は絶対しないよ」と言った言葉が何度もよぎりました。
なるほど、こういうことか。と、やっと分かりました。
中には執念のこもった作品もあります・・・どれかは秘密。

最後の最後だけど。
家族には言葉で言い尽くせない感謝です。
実家に頼らず、夫はひとりで息子と2日間過ごしてくれました(potさんには頼ったけど)
私を送ってからずっと別府でです。
慣れない家事も手伝ってくれました。
文句ひとつ言わず荷物を運び、車を走らせてくれました。
その上、カシメを打ったり、値札をつけたり。
息子も、一人遊びに集中している時間はミシンをかけることを許してくれました。(我慢してたのか)
さびしくないように、外に連れ出す時間はこれまでと減らさないようにしました。
イベント前に、うっかりトミカの生地が届いてしまったため
幼稚園のシューズ袋をねだられ、作る事になりました・・・
裁断している様子、縫っている様子を、ちょこちょこ覗きに来てました。
そのワクワクした顔。出来上がりに大喜びして、嬉しそうにおもちゃを入れる姿。
私もこれまで味わった事のない嬉しさで、疲れが軽くなりました。
これまでほとんど息子のためのものは作ってこなかったのですが
これからはもっともっと作ってあげようと思いました。
やっぱり家族がベースです。
家族がいないと、自分ひとりじゃ何もできないことがよくわかりました。

次回はどうなるんだろう。
またがんばるぞ~^^









Comment

| | 2008.03.11 20:40
このコメントは管理人のみ閲覧できます
rie | URL | 2008.03.11 23:30
良かったねぇ。
イベント大成功で、家族のありがたさにまで気づけて。
うらやましいわ。
今回はいけなかったけど。
実はほしいものがあったのだけど、きっと嫁に行ってしまったのだろうね。
愛情が伝わって、みんなに喜んでもらえてまた作る元気が沸いてくるね。

お疲れ様でした。
少し、アイデアを充電してまた、頑張ってね。
| | 2008.03.13 23:04
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ゆう⇒鍵コメさま(11日) | URL | 2008.03.16 19:14 | Edit
コメントありがとうございます!
ちゃんと届いてます^^

後ほどメール差し上げます。
宜しくお願いします。
ゆう⇒rieさま | URL | 2008.03.16 19:16 | Edit
メールくれてたのに返せなくてごめんね~
欲しいのあったの??
作るよ~!!!!!!
二人に服を作ろうと思ってるからね
夏にさらっと着られるようなのがいいよね!

首をなが~くして待ってて~
ゆう⇒鍵コメさま(13日) | URL | 2008.03.16 19:21 | Edit
はじめまして!
コメントありがとうございます!
ご購入いただきありがとうございました。
お役に立てているようで嬉しいです^^

ご購入いただいたものは
元のデザインがあり
自分なりにアレンジしています。
パーツを眺めていて思いつく物もありますし
試作を重ねるものもありますし、色々です^^

また次回もお待ちしています。
ありがとうございます!
Comment Form
公開設定

twitter

agreenbelt < > Reload

*
profile

ゆう 

Author:ゆう 


4人家族+犬
のんびり暮らしています

アクセサリーを製作しています
ときどき布小物、洋服

大分県在住

*itaku*
-oita-
Atelier sumer
(アトリエシュメール)
Discover by ACID GALLERY
(大分フォーラス1F)
ACID GALLERY サーカス
(全国展開期間限定ショップ)
sequoia
雑貨&ギャラリー 民

-fukuoka-
Charm*
dinette
Tronc

entry*comment
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

counter
*
.
category
link
*管理者ページ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。